屋上防水工事の適切なタイミングを見極める方法

自然の脅威にさらされている建物は屋上防水で守る 自然の脅威にさらされている建物は屋上防水で守る

屋上防水をしないと建物の寿命が短くなる!?

雨

屋上は、雨水や紫外線などをはじめ、さまざまな自然の被害にさらされています。屋上防水をしない建物の寿命は、縮まるといわれています。タイミングよく屋上防水をすることがいかに重要かについて紹介しましょう。

屋上防水の重要性

紫外線や雨水で建物も劣化します(50代/男性)

屋上防水は、紫外線や雨水などから建物を守るために行なっておきたい工事です。特に日本は台風や梅雨による影響が多く、雨漏りなどの被害を受けやすいのです。屋上から階下へと雨漏りが起これば、湿気によるカビや腐朽菌の増殖が心配になってきます。建物の構造そのものを揺るがす事態にもなりかねないため、取り返しがつかないことにならないように屋上防水をしておいたほうがよいのです。実際、水のトラブルは、建物の不具合から生じやすい問題のトップだといいます。

特にシーリング材の劣化に注意しましょう(30代/男性)

屋上防水をするタイミングとして最適なのが、シーリング材が劣化したときです。他の箇所に比べると雨漏りしやすい窓周辺には、シーリング材が使われていることがよくあります。ちょっとした隙間から空気や水が入らないように充填する詰め物がシーリング材ですが、シーリング材が劣化してくると雨漏りや水漏れがしやすいのです。窓の周りに使われるシーリング材などは5年から10年ほど長持ちするとはいえ、環境によっても寿命は異なりますから、早めに対策しておくことをおすすめします。

計画的な屋上防水の計画を立てておきましょう

屋上防水は、計画的に行う必要があります。トラブルが発生する前に対策できるようなタイミングなどについて、紹介します。

屋上防水のタイミングを調べる方法

屋上防水のタイミングはどうやって把握するのでしょうか?
建物を水害から守っている防水層の劣化は、日々進んでいます。計画的に屋上防水することは、次の漏水を未然に防ぐために重要です。上手にタイミングを計るには、前回の屋上防水工事から計算するのが妥当です。10年、15年など、定期的な屋上防水を計画していくことで、建物を水のトラブルからしっかり守ることができるでしょう。
トラブルが発生してからではダメなのでしょうか?
水のトラブルが発生してから、屋上防水工事をすればよいのではないかという考えもあります。しかし、トラブルが起こってからでは、雨漏りや水漏れの被害を改善するための費用がかかってしまうのです。もちろん、そのときには、屋上防水工事もしなければならないはずです。内装の補修工事費用に屋上防水工事費用が一気に降りかかってくるのが痛いところ。定期的に屋上防水をしておけば、費用負担を分散できて家計の圧迫を防げます。

負担を軽くするためにも屋上防水のタイミングは重要

屋上防水のタイミングを計画的に行うことは、建物の負担も経済的な負担をも軽減するために、非常に有効です。いつ屋上防水を行えばよいかと迷ったら、前回の屋上防水工事がいつだったかを振り返って見るようにしましょう。

TOPボタン