屋上防水補修のタイミングは10年から15年が一般的

自然の脅威にさらされている建物は屋上防水で守る 自然の脅威にさらされている建物は屋上防水で守る

屋上防水のタイミングを見極める方法 その2

屋上防水のタイミングを見極める方法としては、他にも防水層の素材別に見た条件があります。何種類もある防水層の素材を種類別に知りながら、一般的な屋上防水のタイミングと合わせて最適なときを検討していきましょう。

補修のタイミングを把握しておく

一般的な補修のタイミングは10~15年とされています(40代/男性)

一般的に、屋上防水のタイミングは10年から15年ほどの周期が適切と考えられています。ただしこれは、気象条件や環境によっても異なってきます。また、防水に使用される工法などによっても、耐用年数が違ってくるのです。いずれにしても一般的な補修のタイミングをベースにして、定期的な屋上防水工事を行うことが、雨漏りや漏水などの水のトラブルを防ぐために役立ちます。そうすることによって、建物や防水層の寿命を延ばすことができるのです。

種類別の最適なタイミング

ウレタン防水
屋上防水工事でも最も多く使われている素材が、ウレタンです。耐用年数は約10年から13年で、形状にこだわらず使用できる液状という点が特徴的です。ただし、乾燥しにくいため、人が多く通るような廊下や階段などには避けておいたほうがよいでしょう。
塩ビシート防水
ウレタンに次ぎ選ばれている素材が、塩ビシートです。耐用年数は約12年から15年で、人目につくような場所にも多く使用されています。理由は、デザイン性が幅広いため。塩化ビニール樹脂による防水シートを取り付けて、屋上防水を施工します。
FRP防水
屋上防水の耐用年数を約10年から15年もたせてくれるのが、FRP防水です。繊維強化プラスチックを指すFRPは、軽量な上に耐久性のある素材です。採用されている場所は、ベランダやバルコニーが多め。場所によっても、素材を使い分けることができるのです。
アスファルト防水
アルファルトは屋上防水に使用すると、約12年から20年の耐用年数を発揮してくれます。新築のときには、屋上防水に使われる素材がほとんどアスファルトです。品質に安定感があり、信頼できる屋上防水用の素材です。
TOPボタン